金閣(ゴールデン・テンプル:黄金寺院)Golden Temple を伐る? 

金閣(ゴールデン・テンプル:黄金寺院)Golden Temple を伐る? 

夏が来た来た~夏が来た~暑いな・だけど~嬉しいな~虫取り・スイカにカキ氷~♪
まだまだ始まったばかりなのに~乗り切れるか~心配だ~♪

金閣を真っ二つに切っちゃうぞ~

金閣を真っ二つに切っちゃうぞ~


世界遺産(世界文化遺産) 鹿苑寺(金閣寺)Golden Temple ? 写ってますね!
足利義満~室町幕府3代将軍、時代はまさに一休さん~懐かしいです

夏の日差しに照らされて、ただでさえ暑苦しいのにピッカピカ
本日の作業はコイツをSTIHLで真っ二つに~

って

そんなことしたら、怒られるだろうな~
仕事できなくなるだろうな~世界中の新聞に載っちゃうだろうな~
超有名人になっちゃうだろうな~ついにヤッタカって皆思うだろうな~
即刻離婚届に捺印させられちゃうだろうな~

やってみる?伐ってみる?切っちゃう? YES OR NO ・・・

ハスクバーナ346XPで攻めます

ハスクバーナ346XPで攻めます

そんな事は置いといて~

一日に何本登れば終わるんだよ~正味36本・・・2日じゃー伐れませんよ、お代官様
対象木をMAP上にチェックしといたから~よろしくっ!!って

でた、これが噂の・・・”ヨロシクっ”って奴だぞ

高い処も346xpで初心者向きかも?

高い処も346xpで初心者向きかも?


でもさサイボーグ化して電脳化しない限り、今の僕では2日じゃー伐れません・・・
いや・いや切る方だと思うんですよ、負けず嫌いですから・・・切り過ぎて
色々有る事も有るくらいですが・・・切れません、2日じゃー

猛烈な太平洋高気圧のど真ん中で、言い訳してても進まないので・・・やってやろうジャー
有りませんかと思うけども、伐れません・・・

かる~く 頭が天国に行きそうな事、数回 息を吸い込むと咽返りそうな中
頑張りました、頑張ったよ、頑張った・・・と 思うけども

一日○本・・・スイマセンです 小さな木が多くて 枯れ枝等の除去作業は大きな木より
手間が掛かるんです、樹の懐も狭いので自由に身動きが取れないし、でも

次回はもっと伐ります

もう、楢系の木達をきるには、トップハンドルチェンソーじゃーちょっと役不足ですな
細やかで繊細な作業の必要無い時は、ハスクバーナの346XP・357XP 位が丁度良い、
コイツら軽量バーに変えとけば、片手でも扱えるし、何といっても早いし、バランスも
取りやすいし

トップハンドルじゃ~きつい所もスッコーンて

トップハンドルじゃ~きつい所もスッコーンて


もっとでかいのは、必要な時・必要な場面で使うものだしさ、いつも
でかいのって・・・70cc~はメータ超えの幹断か玉切りぐらいしか使わないしな

短いバーで如何に効率よく切り離すか?コレでしょ

意外と軽いんですよ~って346なんて使う奴は仕事する気が無いなんて言わないでね~

意外と軽いんですよ~って346なんて使う奴は仕事する気が無いなんて言わないでね~


もう兎に角、あっちを伐ってはコッチに移動、コッチにいってはあっちにと
作業は続きそうでございまする。

予算付いたら電話下さい~高所作業車では無理な所ばかりですから、僕らのが
効率よいですからね

ドエリャー黒い・・・真っ黒けっけ・・・

ドエリャー黒い・・・真っ黒けっけ・・・


でもさ~夕方アイスクリーム食べた直後は素晴らしく
体がキレるんだよ・・・っと言う事は タバコを吸うようにアイスを食べまくれば
ズっーと キレっ キレッ って事だな

Special Thanks:masa-chan

心の声:この業界、流行なんですって~今でしょ~的な・・・流行って奴は直ぐ廃るんだよ

steal technique 木曽谷から伊那谷へ 

steal technique 木曽谷から伊那谷へ 

ゴールデンウィークって一日だけでしたっけ?忙しいのって良い事です

巷の連休話を聞きながら、懐かしい場所を巡りながら
伊那市を目指します!

目的地は長野県伊那市=アーボな人なら それっ ”ピンぅ”とキマシタヨネ

Kの付く?です、全国から はるばる やって来るみたいです

はっい~終了~と言う事で、答えは

カツ丼・・・ソースカツ丼

ゴールデンウィークなのに、連日オシゴトの疲れが抜けきれず、ちょいだるい感じで
朝も寝過ごし、起きたのはAM6:00 5:30頃出発しようと思っていましたが
初っ端から躓いて・・・

背中一杯に冷たい視線を浴びながら、コソッと家を抜け出しました・・・

名二環からの名古屋ICに中央道に乗り込み 家から1時間の中津川IC~ 
今は昔、楽しいひと時を過した家を横目に木曽を目指します

あの頃はまだ可愛げも有ったな・・・ふと 哀愁に浸る 心の叫び・・・

南木曽駅~長野県

南木曽駅~長野県

そんなコンナで南木曽駅~トイレに行こうと駅前に車を止めると、懐かしい
人が自販機の補充~マスターに珈琲を一杯頂き、喋くりまくって 小一時間・・・

マスターまた寄らせてもらいます

マスターまた寄らせてもらいます

尚:この喫茶店は現在営業しておりません、下のお土産やさんに寄って下さいね

案の定、ICから随分時間掛かったな~??と はっい 駄弁ってた・・・
ほんじゃまっ 行きますかってな事で、伊那谷に潜入です。

昔から、木曽谷から伊那谷 何となく~ちょっと悪い事しに行く感覚です・・・
(男性諸君には解るはずです・・・)

イメージですよ、全くの、イメージですっ

しかし、伊那の景色は最高!! だな 山しかない木曽とは大違い、まさに
”木曽路は すべて 山の中” by 島崎藤村(木曽・馬籠宿 出身です)

今日だけは、綺麗な空気に包まれ幸せです・・・家では何時も不穏な空気に包まれてますので・・・

そうこうしてる内に目的地に、ソースカツ丼じゃーなくて

アウトドアショップ K

アウトドアショップ K

こちら~アーボリスト情報発信基地、アウトドアショップK~
なまこ壁のアウトドアショップって・・・無いよね~

少しばかり、使いたい道具を試させて頂こうと、こっそり ステルス的に潜入ですっ
友達のキコリーノは数回訪れていて、大体なんでも、試せるよって事で試します。

まっ必要な道具も有ったので、ゲットしておきましたが

でっ 気になっていたのが、ユニセンダー、それにヒッチハイカーです

ユニセンダー 等 色んな道具をお試しですっ

ユニセンダー 等 色んな道具をお試しですっ

ユニセンダーってどうよっ?って事で、

ヒッチハイカーってカッコイイのか?当等ですが、お試しですっ

使用感は個人的な要素が大きいので、ぜひお店へどうぞ~

私もニュータイプの筈だっ!!

私もニュータイプの筈だっ!!

色んな道具をお店の前で試せる!! ヨインじゃーないですか♪
さーびすぅ~さーびすっ~て事で、見れて試せて、聴いて、教えてくれて
リピーターが多そうなのも納得です。

折角きたので盗める技術やヒントは少しでも盗んでいきます。

色んな処でアーボな用品は売られていますが、価格競争から離れて大変参考になるお店でした~
コレが理想だと思います、人で売る!!

良いショップですので、お勧めです

そんなこんなで、あっという間に、お昼になり、いざっ!! ソースカツ丼の旅へって言うときに
バッテリー上がり・・・ 皆様 大変ご迷惑お掛けしました、謹んでお礼いたします

気を取り直して、お店では皆さんでバーベキュー等中 後ろ髪を引かれながら

伊那名物 ソースカツ丼を目指します!名古屋近辺でカツ丼といえば~
モチロンみそカツですが、ソースって普通じゃないの~な感じですが

伊那名物 ソースカツどん

伊那名物 ソースカツどん

B級グルメの達人 キコリーノ推薦です、喰らって見ましょう
大きなカツが控えめなご飯の上に ドッカ~ンと鎮座して、どうよっ~って
感じで、大食いの人でも満足できそうで、期待==だいっ=

甘辛なタレが本来のカツの味を引き立てて、おいしいです。味噌カツになれた
名古屋人でも、コレはコレで美味しい。個人的には濃い目の味噌カツのが好みですが

次の日も巷はお休みだそう・・・僕は明日終わらせたい現場が有るので、当然 お仕事・・・

楽しい一日は あっという間、権兵衛トンネルを通り抜け木曽路へ

今のスキルを与えてくれた、会社の看板を横目に渋滞にはまりつつ家路を
急ぎます。

あの頃があって今がある!!

あの頃があって今がある!!

モチロンこそっと自分の家にも侵入です・・・

Special Thanks キコリーノ

校庭の真ん中で戯言を叫ぶ! ”木こり族”こそ最強

校庭の真ん中で戯言を叫ぶ! ”木こり族”こそ最強

最近、巷では枯れ枝が落ちて車に当たったり、歩行者に当たったり
色んなニュースが流れています。

自分の身なりは気になるのに、自分以外の事はあまり気にしない~
そんな世知辛い世の中、まっ~自分も含めてですが

結局、薬局みんな精一杯なんですよ、肩で風切って歩いてはいますが

Rock ’n’ Roll

Rock ’n’ Roll

という事で、いつもの元請けさんの処へ、今回はセットで先輩 岩本重機
の”岩ちゃん”とラフター仕事でっす

いつもの如く”入るなら 入れて下さい 重機械”っと言う事でありがとうございます。
近所の重機屋さんより、少しばかり値が張りますが、損はさせませんので

やっぱり、さっぱり違いの判る人には解って頂ける、ありがとうございます

岩本重機 25トン ラフタークレーン

岩本重機 25トン ラフタークレーン

他の特伐をこなしているオペさんも凄腕ばかり、ですが

いつものコンビはヤッパリ気楽ですし、スピードはもちろん安全に事が進むのです

という事で、現場状況

神社の中の楠木等の枯れ枝等除去、裏の小学校側に張り出している枝等の撤去、
さらに
民家側からオモイッキリ進入木撤去と、コンビ仕事だからこなせる量をやっつけます!

神社の裏手側を処理していきます

神社の裏手側を処理していきます

ラフタークレーンは小学校の許可を頂き、運動場に入れさせて頂き、いける所
まで、こちら側から攻め続けます、届かなくなった所で適当に移動っと・・・段取り確認

と、現場で待つ間に、お払いをして頂き

岩ちゃん~運動場の門を8:45分に開けるから、宜しく~っと

着ました、着ました、巨体を揺らしながら、でも今回は運動場に置けますので
な~んて事は無いのですが、こうして広場に置くと小さいですね25トンが・・・

で、ココは律儀な岩ちゃん、ピッタリ8:45分に到着です、この正確さが嫁さんの
貰えない所でもあるわけですが・・・

しかし、今日もピッカピカにコノ大きな巨体を磨き倒してあります、この清潔さが
嫁さんの貰えない所でもあるわけですが・・・

で、当日の朝に追加になった民家側、結構な量ですので、”伐りきれる?”と気を
使って頂ましたが、長野県南木曽町”木こり”族 出身者です、”木こり”族こそ
最強と戯言を言いまくっている手前

モチロン大きな声で”伐れます!!”と強がり・・・ましたが・・・

毎回、大変 大事にして頂いている人達には作業で返さないと申し訳ないですので
限界まで頑張りまっする

次の日 早速、接骨院にケアーに走りましたが・・・
(接骨の先生には来るのが何時も遅いって怒られるのですが・・・)

という事で、運動場側から民家側を攻め始めます。

まっ~ラフターが入れば、ガンダムに乗ったようなもんです、
”凄いっ!!”木こり”が入れたがるわけだ”ってな感じです

しばし、クレーンはキープで、車窓から

しばし、クレーンはキープで、車窓から

将来の有る子供達に事が起きてからでは遅いですから、小さな枝でも
木は重量物です、早めに処置して下さい、僕らはもう何が当たってもイイですが♪

そんなコンナですが、中学校の部活からの先輩、後輩コンビはヤッパリ最高!
最強!です、コチラがインカムでやり取りする前に、次の動作に反応してくれる

キチンと、指示はしていますよ:念の為

大体、2発目なんか同じ位置に落としてくれますから、枝の中にですよ、どういう
正確さ

この正確さが嫁さんの貰えない所でもありますが:クドイですが

ガンガン 飛ばしていきます

ガンガン 飛ばしていきます

クスノキの頂上のカラスが鳴き出すタイムリミットまであと少し、少しばかり気になる所も在りますが
終了~の合図、ご無理を言って後 数回、気の済むまでやらせて頂きました

無理言ってすみません

お騒がせしました、鎮守様

お騒がせしました、鎮守様

しかしながら、よく頑張ってくれた~とお褒めの言葉を頂、やっぱりコンビだね~
こうスムーズには中々行かないからね♪っと嬉しい一言も

その一言が一番の報酬です、やっぱりお金じゃー無いっ
ホット胸をなでおろしましたがキチンと頂きます(笑)

最後に一言

見事だな!しかし小僧、自分の力で伐ったのでは無いぞ。
そのラフタークレーンの性能のお陰だという事を忘れるな!

はいっ 敬礼! ビッシッ=

今回も有難うございました。 次回も宜しく 岩本キャプテン

And

Special Thanks いつもの皆さん

Get over 乗り越えろ! 上空から確認可能な”ムクノキ”高木剪定作業

Get over 乗り越えろ! 上空から確認可能な”ムクノキ”高木剪定作業

現場の住所は~何処何処♪

確認できた?

僕:で・け・ま・し・た・・・・うっ・・・うっ・・
この~デカイのですよね??

そ~サクサクっと宜しくね~♪

僕:りょう・う・かい・・・サクサクっと伐っときます がくっがくっ・・・(沈黙)

グーグルアースで現場確認終了==はっきりと確認可能==なんじゃコノ木

ま~行けば分るから、そんなにエラかった記憶ないから、大丈夫~♪
プッ~プッ~プッ~

やばくね~何やるのか全く不明~行けば分る?元請けさん居るからって
伐るの?剪定? ま~行けば分るか、考えてもショウガナイノデ現場の
帰りに見にいこっと

運が良いのか悪いのか?現場からの帰り道でしたので、ちょいっと寄り道
夕暮れに

あっ あれじゃね~ 遠くに見える奴 あ・れ?? まだ遠いけど??

ムクノキ剪定作業

ムクノキ剪定作業

でかいよ、夕暮れ時に圧倒的な威圧感を放ちながら、僕らを待ち受けていた
ほっへ~、やっぱりヤバイ奴だ:完全に初対面はコノ”ムクノキ”の威圧感に負けました、
惨敗・・・トボトボと家路に

ムクの巨木 圧倒的な威圧感

ムクの巨木 圧倒的な威圧感

次の日の帰る道、早めに現場も完了し今日も見に行こうと、午後3時

おっ昨日より小さく見える、小さいよね?いけそうな感じ♪いけると感じた奴
はいつもの如く大体大丈夫ですので、乗り越えたな、この木の威圧感を

まだ、コノ時点では何をどうするのか?全く分りませんでしたが、そう感じたんです
完全にコチラペースに持ち込みました、勝ったな、伐れる

しかし、不安材料は一杯南側2車線の道路を越えてトップはその横の河にまで
到達・・・電線は有るは車はビュンビュン== 道路側のアノ枝達を落とせと言われたら、
コレ、大変だよ、とてもサクサクとは行かないけど・・・(涙目)

何とかなるでしょ、多分・・・

という事で、当日 5年に一度の剪定作業ということで、作業内容判明です
あとは御施主様の気に入っていただけるよう、頑張るだけです。

内心、トップの道路側はスルーでと願いつつ、始まりました、剪定作業

ムクノキ 巨木サイズ

ムクノキ 巨木サイズ

胸高直径 135センチメートル 周囲425センチメートル、樹高 30メートル前後の
樹齢400年の”ムクノキ”町の保存木第一号

剪定作業開始!隣の電柱16メートル

剪定作業開始!隣の電柱16メートル

体力のあるうちに、エライ所から処理してしまおうと、道路側から攻め始めます。

電線側を処理していきます

電線側を処理していきます

コバエを処理しながら、段々上空へ16メートルの電柱の上枝から処理、コノ辺りは
まだ、何とか頑張れば処理していけるところ、でも限界は近い、

まだまだ行ける

まだまだ行ける

しかし、ついに限界付近に突入してしました・・・

こっからがキツイよ、アドレナリン全開

こっからがキツイよ、アドレナリン全開

僕の限界=Death Zoneです、バックアップはしてありますが、緊張も最高潮

出来ません、とは 言えません、アソコをと言われれば、何としてでも到達するのが
僕らの仕事、伐るんです。それが”木こり”の意地なんです

デスゾーンに突入==緊張も最高潮

デスゾーンに突入==緊張も最高潮

ドッヘッ~

き・り・ま・し・た・・・ 言われるところまで、でもその上伐れって言われたら、
今日は だ・め・な感じだな、もう限界だ・・・

長時間、上空で精神を安定させるのは、難しい、歌を歌ったり喋くり倒しても、限界
が・・・

とっ 言うところで お~け~OK~マ~ク (正直 助かった)

そして、段々中側によりだして、気も楽に♪ でも今度は体力が限界で、ついでに精神も切れだして・・・下から、ストップサインも”荒くなってきたぞ~”の声で、初日を終えます、ヘロヘロです

なか日(作業ですが・・・)をはさんで、2日目 今日は気は楽だけど連日の作業で体力の回復が見えずちょいダルイ感じで、でも作業はサクサクと進み、ついに 完了~のお告げ

剪定完了~♪

剪定完了~♪

やったよ、終わったよ、地面に下りたよ。御施主様にもお褒め頂、ついで作業に

無事これは終了しましたが・・・

無事これは終了しましたが・・・

がっ コノついで作業が、ついでというには、おこがましい作業内容で、チョイへま
を御施主様の御蔭で無問題でしたが、確認をメンドクサガッタ完全に僕のミスです
すみません。

お施主様、元請け様、色々とカバーして頂き感謝いたします、至らぬ点も多々有りましたが何卒ご容赦下さい、ノコを入れさせて頂き重ねて御礼いたします、ありがとうございました

そんな事も有りましたが、良い経験をさせていただきました、5年前は先輩が今回は
僕が、5年後は誰が上るか分りませんが、段々難しくなって行くぞ~当然だけど、上に
上に、行くからな、トップももっと張り出すからな、

でも出来るな、伐れる完全に攻略したぞ、この”ムクノキ”は、この自惚れが命取りにならない様また、明日から精進いたします

 最後に 一句 ”夕暮れに 木こり見送る 巨木かな”

 最後に 一句 ”夕暮れに 木こり見送る 巨木かな”

剪定帰りの帰り道、はるか遠くから、まだ僕らを見ているよ、

Come again な~んて言ってるよ♪ 

Special Thanks ひろ さん

住居脇のシイの木 大木を伐れ LAST HOPE

松尾芭蕉の故郷 忍者の里 三重県伊賀上野 

住居脇のシイの木 大木を伐れ LAST HOPE

見積もりの帰り道 携帯にて

色んな造園屋さんやらに断られて困ってるんですが!と入電

車の中でお話を伺うと、三重県ですが大丈夫ですか?と
何度も伐りに行っていますので、モチロンokですよと、軽口を叩きましたが
ひょっとして泊まりか?と心配も、しかし困っている様子でしたので、見に行きますと

状況は住居横に結構なシイの大木が数本あり、その横は傾斜地さらに建物有り
また、先に相談した業者さんが高所作業車やクレーンは入れないと
言わたそうでした

ま~見てみないと何ともいえないので、岩本重機の先輩と遊びがてら
見積もりに

三重県伊賀上野 大木伐採作業

三重県伊賀上野 大木伐採作業

伊賀上野って正直 何処? 近いの?遠いの?ってな感じでしたが
地図的には、何とか2時間半ぐらいで行けそうな場所 本当に大丈夫かって
思いましたが、見積もりの時間も決めちゃったので、行くしか有りません

伊勢湾岸道から名阪を乗り継ぎ、やって来ました 伊賀上野~ 忍者よりも
松尾芭蕉を推してるような看板が多いのが気になりますがまっ其処は許しましょ

時間がすこし空きましたので、伊賀上野城を散策 天守閣の無いところに近年になり
無理やり天守を作ったそうで・・・ですが

城の周りは芭蕉の生家やら見たいところ満載でとっても面白そうでしたが、タイムアップ
です。見積もりが通ったら昼飯驕ると大口叩いて、現場に

近くまで来たんですが、そんなに大きい木ないよね~と、水屋根の古風な屋敷にて
可愛い、妹さんにお断り、横に回りこむと・・・ あ・る・よ・・・雑木に隠れて

シイ 大木伐採 ソコソコのサイズ

シイ 大木伐採 ソコソコのサイズ

ソコソコでかいのが4本も・・・

人力での伐採 このシイ、中はガランドウ状態

人力での伐採 このシイ、中はガランドウ状態

近くに寄って 判りました! 上が相当前に処理してあったんです、ぶっつぶつに
ヤレル所は切りました状態で、下のデカイ所から木が怒って滅茶苦茶枝を出している状態

ちょいっと登って、アーボリストじゃなくて”木こり”です

ちょいっと登って、アーボリストじゃなくて”木こり”です

なので、樹高が低かったんですが、その分 ふ・と~い んです。

このシイが一番の大物でした、シイだけに 重たいシイ

このシイが一番の大物でした、シイだけに 重たいシイ

しかも、もう一業者見積もり中との事・・・はるばる来たぜ状態の中、ちょいテンション落ちて・・
切れるのか本当に?と思いましたが、見積もりだしたって事は アワヨクバと言う事でしょう

気を取り直して、

御施主様と現場確認、開口一番”出来ますか?”と 判りますよ、散々断られたんですから

でも、僕らは 

伐採作業の最後の砦 言わば 今流行りの LAST HOPE ですよ。

こんな感じの木ばかり相手にしてきてるんですから!
強気です(内心ヤバイなと思っても)出来ませんとは木曽の”木こり”の名誉に掛けても言えません

もうこうなったら、ブッチャケトークで即決いただきましたよ(いつもブッチャケですが)
だってもう一つの業者の見積もりトンでも無かったから、足元見すぎ(ダメだよ!)

といわけですが、あわよくばラフター入れて楽してしまおうと、先輩に同行いただきましたが
全く入れることが出来ず、小さな機械以外ホボ人力作業で進めます

岩ちゃん仕事にならず ごめんね ご飯驕りますから・・・

昼飯は伊賀上野の駅まで行って、伊賀牛はご遠慮させていただき、田楽定食をいや当たりでした!!
伊賀牛か田楽がお勧めと云われていましたが、田楽で正解でした~

大体、一般市民が昼飯に3000円も出せるかって!! あ~あの人達なら食べるな、いや絶対食ちゃてるな
(頑張るんだ、俺)

まー作業はサクサクと、ただタンコロ一つ数百キロの世界です、タンコロ1個転がったら
横の住居や小屋は大穴間違いなし!!

コイツは元を低くとご要望

コイツは元を低くとご要望


一応、進入禁止ねとご近所さんに断って、でも田舎ですのでトッカエヒッカエばあちゃんやらが見にゴザル、綺麗にシテクレテありがたいね~な~んて言ってくれますが、耳が遠いのか一方的に喋る喋る・・・
伐らせて頂きました

伐らせて頂きました

伐採作業は狭い場所に集めないとイケナイので、大変ですが予定通りに、無事終了しましたが、

こんな太さのシイの大木でした

こんな太さのシイの大木でした

今度は搬出です、傾斜地の下は直ぐ小屋(立派なの器具小屋)ですので、

ココからも実は、木がデカイだけに大変、モチロン人力ですから、慎重に切り出して、ガンタンクでサイドベースに運び出しがひたすら続く・・・

見せて貰おうか。伊賀上野のシイの大木の重量とやらを!

見せ付けられちゃいました・・・思う存分、コテンパンに

刻んで刻んでまた刻んで伐採後に搬出です

刻んで刻んでまた刻んで伐採後に搬出です

しかも、出発地は晴れなのにトンネルを越えると雪国状態・・・お断りして焚き火で暖を取りつつ、

ひたすら切っては運ぶの繰り返し

最終日には日もとっぷり暮れて、辺りは静まり返ります、流石に静かだ、コレはこれで良い!!

最終日は日が暮れてしまいました、頑張りましたよ

最終日は日が暮れてしまいました、頑張りましたよ

楽しい思い出もタップリ頂き、無事終了

松尾芭蕉に対抗して ココで一句 ”日も暮れて 切り株語る 昔かな”

おそまつ  

おそまつ

おそまつなが

ピンポイントで 松の伐採 

ピンポイントで 松の伐採 

超~地元 僕の通った東海市は名和中学校の直ぐ前にて

東海市立名和中学校

東海市立名和中学校

丘の上に立った松の木の伐採作業です

松ノ木伐採作業

松ノ木伐採作業

子供の頃は超田舎で、中学校の下まで自転車で”密かに”通学したのもです

通学途中~よそ様の牛乳やら、畑のミカンの「おすそ分け」を頂きつつ
牛乳受けには タマーニ ミルミルやらヤクルトやらお宝も入っていて
嬉しかったな~

ま~昔の事ですので、獲って逝くガキンチョは判っていたと思いますが
優しく?見ていてくれたのでしょう

というわけですが、地元の不動産業者様からのご依頼です

倒すところが見てみたい!とのご要望でしたので、スペースも十分ありましたので
ちょっと遊んで、パイロンを立てて、ピンポイントで狙って抜倒です

ココをめがけて

ココをめがけて

樹高は15メートルぐらいですが、横枝が大きく傾きを頭に入れつつ、狙います。

最近、一本なり元から倒す事も余り無くなってきましたので、腕のなまりが心配ですが・・・

ギャラリーの前で失敗は許されませんので、受け口を何度も調整し

いつもに無く真剣な表情で

いつもに無く真剣な表情で

いざ!!

バッサ~と

プレッシャーをはねのけ、何とか目標に

パイロンを狙って

パイロンを狙って

元請けさんもビックリされて、ホット胸をなでおろしました

町中の作業で、元からばっさり倒す事は余り有りませんが、失敗しなくて良かった~

終了~

終了~

Rigging Techniques  本 読みました

Rigging Techniques 本 読みました

日本における実践的アーボリストの先駆者が
書かれた、教本から僕も学ばせて貰おうと、泣き泣き5000円だして
読ませてもらいました。送料入れたら 6000え~ん え~ん(泣)

そんなこんなで レビュー

Rigging Techniques 本 読みました

Rigging Techniques 本 読みました

技術的な事や内容はどうこう言う立場ではないので、置いておいて

嫁さん曰く 

「自分は凄いと思っているその態度がダメダメなのよ~
ね~聴いてる? 聴いてんの? 他人の良さもキチンと認めなさい!!」

「はいっ(ビシィシ! 敬礼)・・・」  想像できるだろ? キコリーノ・・・

ホボ聞こえてるんですが、チェンソーの騒音で耳がカナリ悪いので、聞こえないフリ
こういうときは役に立ちます

脱線した所で、コレは凄いぞと思ったことを。

① 日本語で全て書かれている

当たり前だけど、やっぱり凄い事で、誰でも読むことが出来、理解する事が
出来る。英語の本だと、判っているようで、細かな言い回しが理解できない時が
ある

② イラストが多くビジュアルのみで解る

大体が欧米の技術であるから、当たり前だのクラッカーんですが、道具や
方法が目から取り入れることが出来、初心者には大変とっつきやすい、

おっちゃんでも理解できる

コレ見といて~と、相手に伝えやすいし

③ 基礎が書かれている

これが、教本として使われて?いるのかどうか僕には解りませんが
当たり前のことを、基礎として最初から理解できる、これは良いんじゃー無いでしょうか?

こうした特殊な作業は、何が基礎?だか 訳判らない状況ですので

判ってるけど、忘れてる? ケド大事な事です

まっ~こんな本を買う人はある程度、実戦を重ねている人でしょうから、使える物
使えないもの、ココはこうだな!とか色々意見が有るでしょうが。

まずは、日本語で書かれたこうした本が世に出たという事が大事なので、
5000円はちょっと高いけど、拍手を送ります。

欲を言えば、さらに実戦編や超基礎編なる本が出る事を期待し。

まじめに、こうした教本が多々出回り、毎年旅立っていく多くの伐採作業者が
一人でも少なくなる事を祈願いたします。

で、内緒ですが・・・特別に お安く読む方法

↓↓

↓↓

↓↓

2人で読めば、2500円 5人で読めば 1000円~ うっ~良い考え だめ?
あたりまえ~♪ あたりまえ~♪

屋根に被さった樹木の伐採 「海に向かって伐れ」

屋根に被さった樹木の伐採 「海に向かって伐れ」

愛知県幡豆郡 伐採作業

愛知県幡豆郡 伐採作業

愛知県幡豆郡吉良町 吉良上野介 吉良 義央の領國 

まっ旗本だから、名前ばかりの領主ですので、地元のつながりは?ですが
とりあえず、ネームバリューは全国区 そういう意味では良いのかな

そんな、海辺の傾斜地で住居に被さった樹木の伐採作業です

家に被さった樹木の伐採撤去

家に被さった樹木の伐採撤去

海辺の山地に張り付いた傾斜地ですので、景色は最高=しかも海風は、入り江
状態の現場の御蔭で、ここだけは風が入ってこず助かりました

眼下には吉良のワイキキビーチを一望できます、前は伊良湖岬、東は知多半島

で、現場状況 海からの駆け上がりに住居 その上周りに竹と樹木の交合林
いつもの如く竹をさける為、樹高は伸びて伸びて上枝が住居に被さった状態

傾斜木 伐採撤去

傾斜木 伐採撤去

ラフターも入れれません

竹はどうにでも処理できますが、樹木達はヒョロ長で傾斜木と・・・悪条件
もっと太けりゃ楽なんですが、下から登るだけでも こりゃーキツイです

というわけで、めんどくさいけどロープでアクセスすることに・・・
ガツガツ登りこんだ方が早いのですが、条件が悪い

しかもコノ傾斜・・・

クライミング ON

クライミング ON

しかも住居の真後ですので、大きくは伐れませんし転がって家を壊す事も
ありますから、リギング処理で

住居横は電線にかかってしまうので、こちらも処理、こちらは枝の張り出しが
大きく他の枝やら幹やら干渉し合ってて、さらに蔓が巻き巻きだし・・・
枝の先っぽまで行かないとイケナイ ふっ~

小さく刻んでもカットしても蔓にぶら下がって、電線に飛んでいく可能性一杯
蔓なんて、大嫌いだっ~て叫んでも、落ちてくれない、当たり前だけど

蔓を処理するのがまた、一苦労

そんなコンナですが、処理していきます。

しかし、細い傾斜木 やっかいです、上部までアクセスしても樹上に上がるまで
結構めんどくさい、得意の力技?で取り付いて、カットです

クライミング  アーボリストじゃなくて伐採師ですが

クライミング  アーボリストじゃなくて伐採師ですが

海側はスッコーンと落ちていますから、海の上を登っている感じで、良い気分
でも支点が細いので、リギング時にはこれでもかっ!って程振られますが、最初から
準備してたら、同って事無いんのですが、幹が細いだけに僕でも、やっぱりビビリます

幹の細いのとリギングの送り出しが少し遅く、久々に振り子状態になっちゃいました・・・
振り飛ばされる事は無いですが、一瞬顔が引きつり状態

細いし傾いてるし

細いし傾いてるし

大丈夫か~の声に だ・い・じょう・ぶー(冷静を装い:本当はちょっとムっとしつつ)
一気に下まで、頭つけてって 言ってたのに・・・つぎは上手くコナシマシタノデ良しとしますが

急ピッチでの伐採作業に精も根も尽き果てて・・・次の日は ふっ~ふっ~ 言いながら
の作業です、まっちゃんが ふっ~ふっ~ 言うの珍しいな!なーんて言われてしまいましたが

夕方までには処理終了、しばし地面で大の字です

吊り伐りor吊られ切り

吊り伐りor吊られ切り

頑張った証拠です。何とか危険木を処理し、ゴミ片付け、こっちも大変ですが単純作業
ですので、淡々とこなせば良いのです(^^v

最後に雨戸樋の掃除をして、無事元請けさんからOKサインです。

傾斜木 処理終了

傾斜木 処理終了

今回も多くの人に元気を頂きながら、楽しく気持ちよく作業させて頂けました。コチラの
家のばーちゃんからは、毎日 大根やらジャガイモやら金柑やら・・・貢物をたくさん頂いたし

ばーちゃん 長生きしてな~

元請けさんからも、今までの人達とは全く違う、綺麗で早いと褒めて頂き、楽しい作業と
なりました、普段あまり褒められないから、褒められるのって大変嬉しゅうございます

また困ったヤツはおきがるに相談して下さいね~

天候も安定していて、事故無く終えてほっと一息です、こんなんばっかりですが

ココで一句

「木伐りがね これがオイラの 生きる道」 おそまつ

無事終了~祝砲、ボッカ~ン

無事終了~祝砲、ボッカ~ン

また、お会いしましょう~ 

2013年 今年も宜しくお願いいたします。

特殊伐採業者・ツリーワーク ハッピーグルーです

特殊伐採業者・ツリーワーク ハッピーグルーです

2013年 今年も宜しくお願いいたします。

本日から始動いたしました、樹木伐採だったら、小さな木から巨木まで
個人宅から大規模伐採工事まで、何でもお気軽にお電話下さい。

特に特殊伐採工事・高木・街中の特殊な伐採作業が専門です

今年も皆様に喜んで頂けるよう、明るく元気に作業させて頂きます